オイル洗顔に合うのはホホバオイル?アーモンドオイル?肌に合うオイルの見つけ方


ベビーオイル洗顔の効果は感じるものの、たまに白ニキビが出来てしまうのがネックでした。

他のオイルの方が合うのかな?と思い、いろいろ試してみたのですが

オイルって思っていた以上に種類が豊富!
そして肌質や使う部位によって合うオイルは異なる!

ということを実感しました。

そこで本記事では、自分に合う洗顔オイルの選び方をまとめていきたいと思います

目次

オイル選びの前に…自分の肌質をきちんと理解しよう

オイルを選ぶ前に、まずは自分の肌質を知ることが大切です。(※理解できてるよって方はここは読み飛ばしてください!)

なぜならば、肌質によって「何を補うべきか/何を取り除くべきか」が異なってくるからです。

例えば毛穴を例にすると肌質によって毛穴の目立つ原因は異なります。

乾燥が原因なら保湿するのが有効ですし、皮脂が原因なら皮脂抑制力のある商品を選んだほうがいいかもしれません

このように毛穴一つとってみても原因が違えば打ち手も変わってきます。

ある人が「これで毛穴が良くなりました!」と言っていてもその人の毛穴の原因が自分と異なっていたら、その商品は自分の毛穴には合わないということが起こり得ます。

そのため、自分の肌質がどんな風でどんな成分が合うのか、自分の肌が何を求めているかを理解できるようになるのが理想的です。

肌質を理解することによって打ち手が明確になるため、選ぶべきアイテムも大枠で搾れるようになっていきます。

肌質を知る方法として、webのスキンチェックテストというものがあります。

スキンチェックテストができるサイト3選
  1. オルビス公式スキンチェック
    オルビス セルフスキンチェックを始める
  2. FUJIMI公式スキンチェック
    FUJIMI(無料)肌診断を始める
  3. 資生堂公式スキンチェック
    資生堂ビューティーチェック/スキンケア

複数試してみると、より正確な肌質がわかるのではないかと思います。

無料で出来ますのでぜひ試してみてください。

オイルを見分けるポイント

オイル洗顔に適したオイルを探している方は以下の3つポイントに注目してみてください。

ポイント1:成分

まず、敏感肌の方はなるべく低刺激なオイルを選びましょう。

栄養たっぷりなオイルは魅力的ですが、それだけ刺激となる要素(成分)もあります。

どの成分が合うのかわからないという方も、まずは低刺激なオイルを選ぶのが無難です。

敏感肌以外の方は好みの成分が配合されているか・そのオイルが顔に使用しても大丈夫なオイルなのかを以下の2つの表で見比べて選んでみてください。

私が良く利用しているオイルショップである「マカダミ屋」さんの公式ホームページから引用したものですが、大変わかりやすくオイル選びをする際にはいつも参考にしています。

ある程度オイルの目星をつけてから詳しい成分を調べていくのが効率的です。

ポイント2 : テクスチャー

テクスチャーはサラサラなものがおすすめです。

なぜなら、しっとり系のオイルだと肌の上で伸ばしにくく、肌を擦ってしまう可能性があるからです。

ただ、しっかり保湿するためにしっとり系のオイルを選ぶというのも間違いではありません。

その場合はオイルの量を少し多めに使用して、肌摩擦を防ぎましょう。

ベビーオイル洗顔の代替オイルとしてよく名前が挙がる

  • スクワランオイル
  • ホホバオイル(精製したもの)

はどちらも低刺激×サラサラなオイルです。

単純にベビーオイルが肌に合わないというだけでしたら、まずは上記2つのオイルを試してみるのが良さそうです。

ポイント3 : 香り

オイルって種類によっては香りがかなり強いです。

しかも香料でつけた香りではなく天然の香りなので、いい香りとも限りません。

せっかく成分のいいオイルでも、香りが合わないと使い続けるのは難しいですよね。(経験談)

ホームページ上では香りの特徴も書かれています。

なので、どんな香りのオイルなのかも事前にチェックしておきましょう。

万能なのはやっぱりベビーオイル!

それぞれのオイルに良さがありますが、総合的に見て1番優秀なのはやっぱりベビーオイルです。

  • 低刺激!
  • 無香料で無臭!
  • 肌に伸ばしやすい!
  • コスパよし!

素晴らしいの一言。

ただ、やっぱり相性はありますし好みも人それぞれ。

これだけたくさんオイルがある中で、自分のお気に入りを見つける楽しさっていうのもありますよね。

なのでまだオイル洗顔をしたことのない方はぜひベビーオイルから始めてみてください。

その後はベビーオイルをベースに、他のオイルのテクスチャーや肌との相性を気にしてみるとそのオイルの特徴や良さがより鮮明にわかるようになります。

色々なオイルを楽しみたい方へ

ラベルにオイルのシミができちゃってますが…
実際に使用している20mlオイルです。
  • 様々なオイルを試したい方
  • 肌に合うか確かめてみたい方
  • 部分によって使うオイルを変えたい方

そんな方々におすすめなのが、マカダミ屋さんの20mlサイズのオイルです。

1本からでも購入できますが2本セットのものもあり、どちらもメール便で届くので送料は無料

私はいつも2本セットのものを購入しており、2本セットだとおよそ1か月弱使えます。

お試しにはピッタリです。

以下から私が実際に買って試したことのあるオイル使い心地を簡単に紹介していきます。

高精製ホホバオイル

気になる臭いや色はなく、サラッとしていてベタつきません。

使ったオイルの中では1番ニキビが出来にくかったです。

ただ、部屋が寒いと固まってしまうのが難点。(温めれば元に戻ります)

スクワランオイル

ホホバオイルよりもっとサラサラで低刺激、無臭なので肌質を選ばず使えるオイルかと思います。

低刺激な分、美容成分はあまり含まれていません。

そのため、成分にこだわりたい方には物足りないかもしれません。

スイートアーモンドオイル

毛穴に悩んでいる方におすすめしたいオイルです。

皮脂と馴染みやすいオイルで皮脂をふやかしてくれ、他のオイルより角栓がニョキニョキしてきます。

ただし結構ねっとりしたオイルなのと、独特のオイル臭がするので私は鼻だけに使用しています。

オイルを塗って角栓を浮かせたあとにエンビロンのクレイパックを使うと、毛穴の黒ずみがかなり軽減されます。

(詳しいケア方法はこちら↓)

全顔には不向きかなと思いますが、部分的な利用なら効果的です。

色々なオイルを使ってきましたが、使い心地の良さから今は結局ベビーオイルに戻ってきました。

ただしそれだけだとニキビができやすいのでガミラの石鹸を使った3秒泡洗顔もあわせておこなっています。

オイルの膜がはっているので、そのまま洗顔するより肌にとっては低刺激。

泡洗顔を取り入れても十分にオイル洗顔の恩恵を感じることができています。

オイルの選び方、泡洗顔を取り入れるかどうかなど、自分の肌と相談しながらカスタマイズを楽しみましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

広告業界に勤めるアラサー女子です。

▶毛穴の開きと黒ずみが長年の悩み
 いちご鼻&オレンジスキン
 肌質はオイリー肌かと思いきや
 実はインナードライ肌でした

▶硬毛&多毛で湿気で広がりやすい髪質

▶爪が薄くてカーブが弱く、平べったい
 深爪しやすく扇形

▶ポッコリおなかと太めの二の腕

これらのコンプレックスを解決しようと
日々ネットサーフィンを繰り返した結果
無事美容ヲタクへと成長しました。

美容に関する基礎知識や
自分が試してよかった商品を紹介しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる