ヒルドイドの有効成分、ヘパリン類似物質の効果と市販品のおすすめ

スキンケア製品で肌荒れを起こした時に皮膚科でヒルドイドのジェネリックであるピアソンHPローションを処方されたことがあります。

こちらを使用したところ、なかなか良くならなかった肌荒れが数日で治まりとても驚きました。

調べてみるとヒルドイドの主成分はヘパリン類似物質というもの

Kiho

あまり聞いたことないけど、どんな成分なんだろう…?

本記事ではなぜ肌荒れにヘパリン類似物質が効くのか、どういった効果があるのか、ヘパリン類似物質が主成分の市販で買える商品をまとめてご紹介します。

目次

ヘパリン類似物質とその効果

以下はヘパリン類似物質のはたらきを抜粋したものです。

ヘパリン類似物質は、乾燥肌治療成分として、50年以上使われてきた成分です。

ヘパリン類似物質とは、体内にある「へパリン」という物質と似た成分で、

「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」の3つの働きがあり、乾燥肌に優れた効果があります。

この3つの働きは、肌の内側から新陳代謝をうながすため、

一時的な保湿とは違い、乾燥荒れ肌の根本的な解決に繋がる成分だということが分かります。

ヘパリン類似物質について|顔などの乾燥荒れ肌治療薬 小林製薬

数年前に美容目的で皮膚科を受診しヒルドイドを処方してもらう人がいるのが話題になりましたが、その歴史は50年とずいぶんと長いようです。

美容目的で購入する場合は市販品を選びましょう。

ヘパリン類似物質の主な効果は

  • 保湿
  • 血行促進
  • 抗炎症作用

であり、健康的な肌機能を回復する手助けをしてくれます。

こちらのヘパリン類似物質を含む保湿剤の比較画像では保湿剤の違いがわかりやすくまとめられています。

薬機法では医薬部外品・化粧品の浸透は角質層までとしか謳ってはいけないと定められています。

そのため多くの保湿剤が「※角質層まで」と表記されている中、ヘパリン類似物質は医薬品なので基底層という角質層のさらに奥の層にまで働きかけてくれるということが明示されています。

また表面的な治療ではなく弱った細胞を修復し内部構造から治してくれる働きがあり、正常で健康な肌に導いてくれます。

ピアソンHPローションの使い心地レビュー

私が使用しているのはこちらです。

皮膚科でジェネリックであるこちらのピアソンHPローションを処方されて以降、楽天でまとめ買いし肌荒れが気になる時に使用しています。

私は使用しているのはローションタイプ。

少しとろみがありますが、肌につけるとわりとサッパリ!

だけどしっかり保湿されている感があって肌が持ちッと仕上がります。

併用してはいけない成分もないようなので、お気に入りのアイテムと一緒に気軽に利用できる点も嬉しいです。

クリームタイプもあります。


一緒に使うアイテムに合わせて好きな方を選べるのがいいですよね。

医薬品は常用されることを想定していないものなので、毎日使うのはよくないという声も見かけます。

常用してどうかなったという記録を見かけたことはないですが、念のため使用頻度には気を配っています。

普段使いが目的であれば、ヘパリン類似物質が主成分である市販品を使うことをおすすめします。

ヘパリン類似物質|市販品のおすすめ

さいき

「ヘパリン類似物質とその効果」での説明はこちら【さいき】のHPから引用させていただいたものです。

ヘパリン類似物質製品の多くにアルコール成分が含まれていますが、さいきはアルコールフリーで低刺激、肌に優しい処方です。

カルテHD

ヒルドイドを作っているマルホとコーセーがタッグを組み作られた医薬部外品のヒルドイドがこちらのカルテHDです。

発売されて以降売り切れ続出だそうですが、やはりヒルドイドの製造元であるマルホと化粧品会社大手であるコーセーの合弁会社からの販売ともなると期待値があがりますよね。

ヒルマイルド

King&Princeの永瀬廉くんがCMで起用されているヒルマイルド。

こちらは医薬品として販売されています。
カルテヒルドイドは品薄なようなのでこちらの方が購入しやすいかも…?

amazon限定ブランド スキンオーソリティー

記事執筆にあたり初めて知ったスキンオーソリティー。

クチコミも良さそうです。

テクスチャーは重そうなので乾燥がひどい方向きかもしれません。

ナルク

SNSで話題のナルク。

こちらはヘパリン類似物質と薬用有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムが含まれたアルコールフリーハンドクリームです。

ハンドクリームでありながらでお顔にも使えるようとのこと。

ヘパリン類似物質が含まれた他製品はピンクを基調としたパッケージが多い中、こちらの商品は白地に黒の文字、シンプルでおしゃれなパッケージが印象的。

毎年冬場の手荒れに悩む母にハンドクリームをプレゼントしているのですが、今年はこちらをプレゼントしたいと思います。


公式サイトはこちら▼
【NALC薬用ヘパリンハンドクリーム】

ヘパリン類似物質、上手く使えば強い味方に!

保湿剤といえばコラーゲンやヒアルロン酸はよく耳にする成分名ですが、あまり聞きなれないヘパリン類似物質にも特有の効果があることがわかりました。

以前は美容目的で皮膚科でヒルドイドを処方してもらう人がいることが問題になりましたが、最近ではヘパリン類似物質が含まれる市販品もかなり増えている印象です。

乾燥に悩まれている方や、今使っている保湿剤が合わない方は一度ヘパリン類似物質が主成分になっている商品を試してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

広告業界に勤めるアラサー女子です。

▶毛穴の開きと黒ずみが長年の悩み
 いちご鼻&オレンジスキン
 肌質はオイリー肌かと思いきや
 実はインナードライ肌でした

▶硬毛&多毛で湿気で広がりやすい髪質

▶爪が薄くてカーブが弱く、平べったい
 深爪しやすく扇形

▶ポッコリおなかと太めの二の腕

これらのコンプレックスを解決しようと
日々ネットサーフィンを繰り返した結果
無事美容ヲタクへと成長しました。

美容に関する基礎知識や
自分が試してよかった商品を紹介しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる